「木村政彦〜」読了

こんにちは広島県三原市の柔術道場、ボヘミアンズ三原です。

「木村政彦は何故力道山をころさなかったのか」を読了しました。ネタバレになるので、あまり深くはかけませんが、柔道、柔術の歴史を読み解いていくようで面白かったですね。

意外だったのが木村政彦がなかなかやんちゃで悪童だったということですかね。写真のイメージだと、昭和の頑固オヤジみたいで真面目実直を想像してたのですが、全く違いました。

作中では石井慧が出てきたり、木村政彦VSヒクソン・グレイシーをシミュレーションしたりしてました。

まぁ、木村政彦はとんでもなく強かったんだなぁということがひしひしと伝わってくる作品でしたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中